サクサシステムエンジニアリング株式会社
topbarsolutionbardevelopmentbarinformationbarrecruitbarlink
HOME > 製品情報 > VoIP機器開発スタイル

ソリューション事業

   ※販売・サポートを終了致しました
VoIP機器検証にお困りではありませんか?
IP電話サービスにおける実試験環境が容易に整備できない…
特定パターンの不具合検証の再現試験ができない…  など

矢印
SIPシミュレータSSP02」がお役に立ちます。

SIPシミュレータSSP02」は、シナリオにより、ご希望のメッセージ・タイミングでシグナリングメッセージを送信することにより、実試験環境を擬似的に作成し試験をすることができます。

ソリューション事業

style
SIP シミュレータ SSP02使用した開発スタイル
①IP電話サービス、SIPサーバなどとの接続時SIPシグナリング情報を入手。
②SIPシグナリング情報からSIPシミュレータ形式のシナリオを作成。

③作成したシナリオを「SIP シミュレータ SSP02」へ投入し、VoIP開発機器との
SIPシグナリング検証を実施。

④検証時の実行トレースを検証し、VoIP機器の問題を解消。
※③と④の作業を繰り返す。
⑤検証時の問題解消後、接続ターゲットのIP電話サービス・SIPサーバ等と接続確認
接続に問題がある場合、①から繰り返し一つのシナリオから異常なシグナリング手順、
不正なパラメータ設 定等さまざまな確認を行うことが可能。

インターネット環境ではできない異常な動作も簡単に確認できます。

solution
 
 maruVoIP機器開発スタイル
 maru主な機能
 maru導入メリット
 maru対応プロトコル
   &システム構成
pagetop